HOME > ABOUT US

ABOUT US

PHILOSOPHY

心に刻まれる体験

例えば旅の思い出を語る時、色々な体験を思い起こします。それは美しい景色であったり、感動したことであったり。そうやって思い出されることは強く心に刻まれた記憶です。
同じように、旅先で我が家を思い返した時に記憶にある空間体験とはどんなものでしょうか。私たちはそんな住む人の心に記憶として残る空間をつくっていきたいと思っています。

自分の居場所をつくる

心地よいリビング、落ち着く和室、など色々と形容される空間はありますが、それだけではない部分。そんな場所を空間の色々な部分に散りばめていきます。それらの場所は日々の暮らしの中で初めて見える気付きであったりします。そんな気付きの中に、自分に還る場所を見つけて欲しいと思っています。

全ての美しいデザインには理由がある

機能美という言葉があるように、合理性に基づいて削ぎ落とされた形は美しいものです。
しかしながら機能性だけを追い求めて、あるべき素材の姿なども無視してしまうようなものは決して美しくはありません。それぞれの素材が持つ特性を読み解いてあるべき姿へと昇華させていく。そんな風に、モノの本質を見極めてデザインすることが大切だと考えています。

基本は住宅

建築には色々な用途があります。住宅をはじめ、商業建築や事務所、病院、学校、ホテル、美術館、倉庫、そして大きな物だと空港や駅など。それらが担う機能は多様です。そして全てに共通することは「人が使う」空間だということです。つまり全ての空間の基本となるのは人が使う基本空間となる住空間であると私たちは考えています。人という単位が変わらない限り、大きな空間であっても住宅という小さなスケールの集積となります。だからこそその住宅での考え方を他の用途の建築でも生かしていきたいと考えています。


MEMBER

荒谷 省午 Shogo ARATANI

経歴
荒谷 省午
1971
大阪府生まれ
1996
徳島大学工学部建設工学科卒業
1996-2000
無有建築工房
2000
一級建築士事務所 荒谷省午建築研究所設立
2005-2009
大阪市立大学生活科学部 非常勤講師
2010 -
京都精華大学 非常勤講師
2015 -
神戸松蔭女子学院大学 非常勤講師
受賞歴
2008
第3回関西建築家新人賞受賞
2008
JIAKINKI U40コンペティション「六甲山上の展望台」佳作
2009
第55回大阪建築コンクール 奨励賞受賞
2010
北九州市公園トイレ提案設計競技 佳作
2012
第29回住まいのリフォームコンクール 国土交通大臣賞受賞
2014
Architizer A+Awards Residential Low Rise部門特別賞
2015
International Design Awards 2014 佳作
2017
第1回Woodyコンテスト 木製家具部門 佳作
資格・所属

一級建築士 国土交通大臣登録 第304788号
既存住宅状況調査技術者 第02182800060号
(一社)日本建築学会
(公社)日本建築家協会
(公社)大阪府建築士会

ひとこと

建築というジャンルにとらわれることなく、とにかく考え、創ることが好きで今の自分があります。
世の中には多くのデザインで溢れています。家具、プロダクト、ファッション、乗り物、植物、生物、自然、そして建築。それらのデザインについてあれこれ考えを巡らせるのがとても楽しいのです。
子供の頃、両親が家を建てるにあたりいろんな設計事務所から図面を借りてたみたいで、それを見るのがとても好きでした。中学生の頃には敷地や条件を想定して図面らしきものを描いて模型なんかも作っていました。いわば趣味の工作のような感覚でした。初めて建築家という職業を意識したのは、高校生の頃に実家の増築工事を目の当たりにした時でした。ワクワクした気持ちでその現場によく入り浸っていたものです。そんなわけで好きが嵩じて建築家になったと自分では思っています。ですから創るものには最大の愛情を注ぎたい。そうすればきっとクライアントやそれを使う人々にも愛情を持ってもらえるはずです。
建築は消費物と言われて久しいですが、そこには抗いたい。建築には長い時間を経てこそ見えてくる魅力が必ずあると信じています。それをたくさんの人々に共感して欲しいと思っています。

STAFF

藤崎 涼子 Ryoko FUJISAKI
藤野 拓也 Takuya FUJINO


PROCESS

荒谷省午建築研究所 施工会社 概要
設計監理業務 建築確認申請業務 施工業務  

ご依頼

ヒアリング 敷地条件、ご要望、ご予算などを伺います。
基本計画 行政調査 計画地における法規的条件の確認をします。
状況により敷地測量(別途費用)を行います。
プレゼンテーション ファーストプラン(図面・模型・パース等)を提示します。
その後、数回のリプランを繰り返してベースとなる案にまとめていきます。
この段階で計画中止となった際には、別途実費清算となります。
設計監理委託契約 ベース案をご承認頂き、設計監理委託契約を結びます。
基本設計 事前協議など 概算見積り 構造設計や設備設計なども含めて検討していきます。
暫定的に仮仕様を決めた上で、施工会社に概算見積りを取ります。
複数社による相見積りの場合はこの段階で行います。
実施設計 詳細について打ち合わせを重ねながら、実施図面を作成していきます。
各部仕上げのサンプルや照明計画、設備計画などを進めていきます。
建築確認申請 本見積り 実施図面をもとに、施工会社に見積りを取ります。
出てきた見積りに対して見積りの明細を査定し、調整をしていきます。
工事請負契約 最終の工事費を決定、ご承認の上、工事請負契約を結びます。

着工

現場監理


中間検査
施 工 約1週間毎に現場にて定例会議を行います。
現場の進捗状況を報告すると共に、状況に応じて、仕上げなどの確認を施主様と一緒にしていきます。
完了検査 行政による検査、設計事務所検査、施主様検査を経て、手直し工事完了後にお引渡しとなります。

引渡し引渡し後、1年点検をします。
その後は不定期にアフターケアを続けていきます。


FEE

設計監理
報酬料率表(%)
工事費(万円) 第1類 第2類 第3類 第4類 第5類
~1,500 8.91 9.90 10.89 200万円 13.85
1,500~ 8.66 9.62 10.59 13.00 13.47
2000~ 8.36 9.28 10.21 12.00 13.00
2,500~ 8.13 9.03 9.93 10.00 12.64
3,000~ 7.94 8.83 9.71 10.00 12.35
4,000~ 7.66 8.51 9.36 10.00 11.92
5,000~ 7.45 8.28 9.11 10.00 11.60
6,000~ 7.28 8.09 8.90 10.00 11.33
7,000~ 7.14 7.94 8.73 9.80 11.11
8,000~ 7.03 7.81 8.59 9.60 10.93
9,000~ 6.92 7.69 8.46 9.41 10.77
10,000~ 6.83 7.59 8.35 9.22 10.63
15,000~ 6.50 7.22 7.94 9.04 10.10
20,000~ 6.27 6.96 7.66 8.86 9.75
25,000~ 6.09 6.77 7.45 8.68 9.41
30,000~ 5.96 6.62 7.28 8.51 9.08
40,000~ 5.75 6.38 7.02 8.34 8.76
第1類 工場、車庫、市場、倉庫等の簡易なもの、上屋の類
第2類 工場、車庫、市場、倉庫等の複雑なもの、体育館、発電所、学校、庁舎、事務所、停車場、百貨店、共同住宅、寄宿舎の類
第3類 銀行、美術館、博物館、図書館、公会堂、劇場、映画館、ホテル旅館、料理店、放送局、病院診療所、高級共同住宅の類
第4類 住宅、室内装飾を含めた店舗
第5類 記念建造物、社寺、茶室 等

・設計監理料は建築物の用途と工事費により、国土交通省告示に基づいて設定した当社報酬基準により算定しています。
・構造設計監理料は別途(木造:+2% S造/RC造:+3%)となります。
・建築確認申請手数料、交通費(近畿圏外)は別途となります。


FAQ

Q1.土地も何もまだ決まってないのですが漠然と家づくりの計画をと思っています。例えばこんな状態でも相談に乗ってもらえるのでしょうか?

A1.はい、大丈夫です。建築相談はそういった所から承っております。まずはメールをお送り下さい。その際、大体のご予算や場所等をお知らせ頂けるとより具体的にご相談に乗れるかと思います。もちろん相談は無料です。土地探しのお手伝いもさせて頂きます。

Q2.具体的にどの時点からコストが発生しますか?

A2.まず計画地の測量図ですが、地積測量図や法規的な条件を該当地の法務局や市役所などで調べなければ なりません。それらにかかる手数料(印紙代)は実費で頂いております。但し、お客様の方でそれらをご用意できる場合はこの限りではありません。土地によっては測量図がない場合がありますので、その場合にはこちらで測量致します。その測量及び法規的な調査費用は実費で頂いております。その後基本プランと模型を作成致します。ここまでは無料です(何らかの理由により頓挫となった場合は模型制作費等の実費のみ頂きます。)。その後により深く設計を進めていこうとなった場合に設計監理業務委託契約を交わします。ここで初めて具体的な設計監理料が発生します。

Q3.小さなリフォームでもやってもらえるのですか?

A3.もちろん承っております。リフォームは新築と異なりその規模に見合うコストもまちまちなので設計監理料の算定もケースバイケースで個別にしております。まずは気軽にご相談下さい。

Q4.遠方でも設計監理のお願いをできますか?

A4.もちろんです。拠点は関西ですが、関西以外の設計監理でも承ります。

Q5.施工する工務店さんなどはどのように決めますか?

A5.それぞれのプロジェクトの施工に妥当と思われる施工会社さんを、弊社とこれまでにお付き合いしている中から選定いたします。特命でいくのか、相見積りとするのかはケースバイケースとなります。施主さんの方から、特定の施工会社さんの見積り参加を依頼されることもありますが、その際にはその施工会社さんの施工スキルがそのプロジェクトに相応かどうかを弊社で判断させていただいた上での見積り依頼となります。


>TOP