HOME > BLOG

BLOG

丸栄百貨店

少し前のことになりますが、名古屋に行く用事があり、そのついでに気になっていた建築をいくつか回ってきました。その中の幾つかを紹介しようかと。
まずは名古屋の老舗百貨店の丸栄百貨店。ここは村野藤吾設計の百貨店ですが、百貨店建築としては唯一日本建築学会賞を受賞しています。昨年秋に惜しくも閉店及び解体再開発計画が発表され、その後の建築の行方が危ぶまれているところです。気になっていたのでこの機会に見に行ってきました。


 
同じ村野藤吾によるそごう大阪は建て替えられて随分経ちますが、大阪で生まれ育った私にとってあのファサードが醸し出す街の雰囲気は幼少の頃から記憶に深く刻み込まれていたものでした。そして今回、ここを訪れて改めてその記憶が呼び起こされる思いでした。細いルーバーに挟まれた緻密な意匠、その反復によって構成されるファサード。ガラスブロックに見える意匠は近づいてよく見ると型ガラスに格子状の模様が施されている。あぁ、そういえばそごう大阪では小さなガラスブロックが嵌め込まれていたな、と比べてみたり、あっちにはなかった水平のラインがこっちでは強調されているな、とか。また西側のファサードにはタイルによる大胆な壁画もあります。




 
非常用進入口のバルコニー部分も同様の意匠パターンが施され、コンクリートとサッシュ、ガラス、やタイル、手摺など、単位面積当たりに使用される素材の多いこと。それらが繊細に納まり、煩雑さを感じさせることなく広大な面積を覆っています。


 
きっとこのファサードも多くの人々の記憶に刻まれているはずだと思うと、そごう大阪の解体を目の当たりにした私としてはやるせない思いでいっぱいです。老朽化や耐震性、商業的な面積の拡充などの理由によって解体される名建築が多すぎる気がしています。同じ百貨店でもロンドンのリバティのようにもっと古くから残されている建築もあるというのに。
地震国ゆえに海外のように保存活用が当たり前という文化が根付かないのかも知れません。しかしこれだけストック活用の重要性が問われる現代だからこそ、解体した方が経済的という考え方を見直す必要があると思うのです。

この丸栄百貨店もいよいよ今月末で閉店です。直後から解体されることはないでしょうけど、内部にも階段など所々当時の意匠が残されています。最後の機会、となっては欲しくないですが、より多くの人々にその価値を分かってもらえたらなと思うのです。
 
話が長くなりました。続きはまた今度…。

地鎮祭

先日、2年ほど前から計画をスタートした住宅がようやく地鎮祭の日を迎えました。
設計に時間を要したのもありますが、建て替えということもあり解体期間もそこそこあったりと。
なにはともあれ、更地となった敷地を目の前にすると改めて気持ちが引き締まります。


恩師の最終講義

もう先月のことになりますが、恩師である近藤光男先生の最終講義に行って来ました。
先月というと昨年度にもなるわけで、何を今更な感もありありですが、まぁお許しを。
 
午前中は子供の幼稚園の卒園式を済ませ、その足で徳島へ。
久しぶりに会う先生はそんなに歳を重ねたようには見えず、二十数年前のままだったことにまず驚愕。そしてその当時、先生は今の僕よりも若かったのだということを理解してさらに驚きました。元々老け顔だったのかも知れません。。あいや、もちろん見た目のことばかりだけではなく、そのキャリアの濃さにも驚かされたのですが。
 


 

実は僕は建築学科の出ではなく、土木一色の環境で学びました。先生からは交通量や地価の動向モデルなどを軸とした都市計画的主眼から街を見るという視点を学んだ記憶があります。
現在の僕は建築の、その中でもさらに個としての単位の小さな住宅設計を主とした生業をしていますが、特に最近はこのような土木的都市スケールの視点からも建築を、またその逆の視点を持って都市を捉えるようなことをしていきたいと意識するようになってきました。
かつて土木に身を置きながらも建築の世界に進んだ際に、大学で学んだことは自分のやりたいこととは正反対な気がしてどこか疎ましく感じていたこともありました。社会に出て建築学科出身の人たちとの交流も増えたりして、その部分をコンプレックスを抱いていたせいもあったのかと思います。

 

ですが、最近のそんな自分の意識の変化もあり、恩師退官のこの機会に改めて母校に足を運びたくなったわけです。

 

 

もうひとつ、大切な再会がありました。
ゼミに在籍していた際の先輩方との再会。徳島から関西に帰郷していることでただでさえ疎遠になりがちなのに加えて、建築へと進んだ僕は卒業後ほとんど先輩方と会うことはありませんでした。
そんな先輩たちに二十数年ぶりに再会し、まぁ当然みんないいおっさんになっているわけですが、時間の経過を感じさせることなく当時のままに接してくれたことが何より嬉しかったのです。ありきたりな表現ですが、そこだけ急にタイムスリップしたような、とはこういうことを言うのだなと実感しました。
また、土木と建築を股にかけて活躍している先輩との、琴線に触れる出会いもとても有意義でした。
 
残念ながらスケジュールの都合でゆっくり時間を過ごすということはできず日帰りだったのですが、それでもとても良い時間を過ごすことが出来た徳島小旅行となりました。

 


薬師寺東塔解体修理見学会

もう先月のことになりますが、薬師寺の東塔の解体修理現場の見学会に行ってきました。ちょうど1ヶ月前ですね。
約1世紀ぶりの解体修理とのことで、鉄骨造による素屋根にすっぽり囲われての大修理です。

 

 

修理の様子は写真でお見せできないのですが、三重塔の二重めの屋根くらいまで上がっている状態で、垂木と桁が求心的に集まる中央にニョキッと心柱が飛び出しているという、普段滅多にお目にかかれない姿を見ることができました。

下層部ではすでに野地板まで葺かれており、その野地板には「平成二十九年度修補」の焼印が記されていました。また垂木端部の茅負には「昭和二十六年修理補足」の焼印が。これまでの修理の歴史を感じさせてくれました。

 

 

工期は予定よりも遅れ気味とのことですが、2020年には美しい姿を拝めそうです。
1981年に西岡常一氏によって再建された西塔はその木部を朱色としていますが、今回の大修理で東塔も西塔のように着色されるのかと思いきや、修理前の古色を維持するとのこと。綺麗にしすぎない修理という方向のようで、往年の姿を見ていた者としてはホッとしたのでした。
 
ところでこの工事のための素屋根。現代建築を生業とする者にとってはこれもまたとても興味深い建築物でした。高さ34mを超える東塔を無柱空間で覆ってしまうのですからなかなかすごい建築です。

 

 

動線はスロープが設けられているのですが、このスロープが二重螺旋になっていて、見学者と工事関係者を分けるためなのか、それとも工事時の往来の一方通行化を図っているのか、いずれにせようまい効率化が図られているのでしょう。
この素屋根の建設時の様子がYoutubeでも上がっていますが、解体時に生まれ変わった東塔の姿が露わになる様子も是非実見したいものです。

乙仲通界隈デザインワークショップ

JIAの兵庫地域会が主催として毎年やっている「乙仲通界隈デザインワークショップ」。
近畿圏の学生に参加してもらってやっているのですが、今年は一方的な提案ではなく、界隈のお店にヒアリングをした上でニーズに応えた提案をするというもの。先日その成果品を公開する最終プレゼンがありました。
 

 

現状を踏まえた上での提案ということでどの提案もすぐに実行できそうな現実的なもので、とても良かったと思いました。
昨年の10月から始まり、いくつかの大学を跨いだ混成チームがそれぞれ時間を作って進めてきたプロジェクト。各店舗へのヒアリングに始まり、課題を見出し提案までまとめる。
店舗側の目線、利用者側の目線の両観点から、よく短時間でうまくまとめあげたなと感心しました。特にこの発表前後の期間は、学生たちは試験中であったり、それぞれの大学での設計課題もあったりと、限られた時間を使って尽力されたことと思います。
 

 

建築を、環境を考える上で社会との関わりを無視することはできません。それは小さな住宅であれ大きな公共建築であれ、関わる人々の規模こそ違うかもしれませんが、全てにおいて同等だと思います。そういった意味では、このように学生の間に、社会に対して何らかの関わりを持てた機会はとても貴重な体験と言えるでしょう。
逆に言えば、その対象となる地域や自治体が、そのような提案をどのように実現させることができるのかが問われているとも言えます。これからの社会を担う若い人たちの考え方は、次世代の社会基盤をつくる源のひとつといえるのではないかと思うのです。
 

収録後日談

さて、先日のブログでも書いていましたTV放送の件。

実はバラエティ番組の1コーナーで、どんな編集をされているやら内容も放送されるまでわからずでドキドキものだったのであまり大きくは告知していませんでした。にも関わらず、後日見たよ!と色々な方々からお言葉をいただき、やや恐縮気味です。

収録は昨年末で、前撮りとタレントさんが来られる日と合わせて2日間の収録でした。「建築家の自邸」などというと普段からオシャレに暮らしているなどと思われがちなのですが、実際はそんなこともなく、時々こうやって取材めいたものや来客があるとその都度掃除をする、というようなていたらくです。

とまぁ冒頭から自らの暮らしぶりの恥部をさらすような発言をしてしまいましたが、ここだけの話、みなさんが想像するような暮らしぶりをしている建築家を僕は知りません(笑)。クライアントの方がよっぽどオシャレに建物を使いこなしてくれていたりします。そんなわけで昨年末は世間的な大掃除の時期を少し前倒しにして我が家は大掃除だったのでした。

 

収録は1日目は建物だけ。建物はもちろん、収納の内部やら引き出しの内部なども色々と撮っていました。基本的にどこをどう撮るかはディレクターにおまかせなので、その撮影光景を傍観していたのですが、いわゆる建築写真などのスチール撮りとは全く違うものだなと実感しました。

TV撮影は過去にも他の作品で経験はあるのですが、同じ動画でもハンディのカメラとベーカムのようなカメラではパンやティルトの動かし方など、やはり出来た映像をみると違うような気がします。気のせいかも知れませんが…。

 

 

2日目はタレントさん(シャンプーハットのおふたり)が来られたのですが、事前の顔合わせやリハーサルなどはなく、放送通りにインターホンを押してもらっての初顔合わせでした。もちろん事前にスタッフの方々とは撮影の順序や話す内容など打ち合わせをしていますが、インターホンから撮影が始まるとノーカットで一気に全てでした。途中話すべきポイントなどを忘れるとディレクターさんがカンペを出してくれたり、てつじさんがうまく話を導いてくれたり、こいちゃんお得意の下ネタが飛び交ったり(結局ほとんどカットされていましたが)、とまぁなんだかんだ笑い通しの撮影でした。

 

建築を紹介するTV番組というと色々ありますが、ちょっとイジワルな言い方をするとその多くが良くも悪くもステキに見えるように演出されていると思います。そういう意味でこのようなバラエティ番組で笑いを携えて紹介される(笑い者にされるという意味ではないので念のため)ということはとても新鮮で、なぜか敷居の高く思われがちな注文建築や建築家というものが、実はそうではないよということをとても素直に紹介してくれたと思いました。


TV放送のお知らせ

昨年で築10年を迎えた自邸ですが、TV番組に取り上げられ、放送されることになりました。

番組の1コーナーで、どんな風に編集されているのか放送まで全く知らされていないので、なんともドキドキものです。

バラエティ番組なので、よろしければご笑覧ください。

 

朝日放送 「今ちゃんの実は、、」2018年1月31日(水) 23時32分〜

 

収録後日談はまた機会があれば…。


あけましておめでとうございます

 

2018年、あけましておめでとうございます。

今年は新年早々に新たな現場も始動。昨年は結果は奮わなかったものの幾つかのコンペに参加することが出来たわけで、今年はますます多くのコンペやチャンスに果敢に臨んでいきたいと思います。

 

年々、1年の早さを痛感します。そう感じるのはただの歳のせいではなく、日々懸命に何かに臨むことが出来ている結果の表れだと前向きに捉えています。昨年は自邸が築10年ということもあり、なにがしかの節目を感じた年でした。感動をもたらす建築をつくりたいと思い続けて設計をしてきたわけですが、今年はその初心を改めて見直してさらに頑張りたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


西山夘三/村野藤吾

今日は大阪で打ち合わせがあったので、ちょっと早めに出て気になっていた展覧会を覗いてきました。
ひとつはLIXILギャラリー大阪で開催中の「超絶記録!西山夘三のすまい採集帖」。西山夘三というと、食寝分離を提言してその後の住宅計画学において多大な影響を与えたわけですが、そこに至るまでの膨大な調査資料が展示されていました。各地の民家はもちろんのこと、戦後のドヤ(日雇い労働者のための簡易宿舎)やラブホテルの部屋まで、数多くの詳細なスケッチを見ることができました。
部屋を俯瞰するスケッチは妹尾河童が有名ですが、そこは建築学者の西山夘三、スケッチだけでなく細かな寸法も記入されています。実は僕も出張や旅行先のホテルの部屋を実測したりしますが、まぁその場で描きあげるということもあって(というのは言い訳ですが)、俯瞰図ではなく平面図どまりです。いや、反省。。
展示後半では西山氏自身の家族の変遷と共にその時々に応じた住環境の記録も多くあるのですが、ここに住むことへの知恵がたくさん込められています。もし現在家づくりを検討している人がいて、変わっていく家族構成とそれに見合った家のスケールに悩まれている人がいたら、ここは是非見ていただきたい、と思いました。

 

 

「住まい」というものは生活を享受するだけのものではなく、「生活」は住まいに対する知恵によっていくらでも豊かになるということを教えてくれます。5人もの子宝に恵まれ、その子達の成長に向き合った西山氏の住環境に対する奮闘ぶりにとてもワクワクさせられました。
食寝分離から発展したnLDK間取りは、家族の多様化により現代ではもはや再考すべき対象となっていますが、西山氏のこの膨大な調査資料を改めて見返していくと、何か新たな思想が見えてくるのではないかという気さえしました。
 
そして気になっていたもうひとつの展覧会。これはIDEEが村野藤吾の家具を復刻販売するということでその発表展示会でした。正確には次の日からの開催ということでしたが、設営も整っていたため一足先に見てきました。
村野さんの家具は・・・。あ、なんとなく「氏」ではなく「さん」づけです。随分と昔に他界されているのでお会いしたことはないのですが、村野さんの設計した建築は身近に多くあったことからなぜか親近感を感じて村野”さん”とお呼びしています。関西の建築家だけの感覚かもしれませんが・・・。
閑話休題。その村野さんの家具、曲線が独特でとてもいいのです。美しい、とか座りやすい、とかそういう曲線ではない。とにかく”いい”のです。結果としてとても座り心地が良いのですが。
この座り心地も、いわゆるクッションの硬さが、とか寸法的に、とかだけで計ることができない心地良さがあるように感じます。椅子やソファに座る際には意識せずともその姿を見てから座るという行為に移るわけですが、その姿は座る人を受容する優しさを座る前から見せてくれるような気がするのです。

 

 

かつて心斎橋プランタンという村野さん設計の喫茶店がありました。椅子やテーブルの家具も村野さんのデザインだったのですが、それが籐を使ったやはり優しい椅子でした。2003年に閉店解体が決まった際に、無理を言ってでもあの椅子を譲ってもらったらよかったと今でも思い返すことがあります。そんな訳で村野さんの家具が復刻されて販売されることはとても嬉しくなりました。

ギャラリー間・坂茂展を見て思うこと

少し前に、ギャラリー間で開催していた「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」にいってきました。誤解を恐れずに言いますが、特別意識しているわけではないけれど、時々凄い勢いで胸に入ってくる建築家が僕の中には何人かいます。坂茂氏もそんな建築家の一人です。
特に最近の氏の木造への思いは強いようで、展覧会の内容もそこに重きを置いたもので大変見応えがありました。

 

 

昨今、建築界では特に環境問題という観点から木という素材が注目され、その素材の持つ可能性が、特に大型建築において大きく見直されています。それはストラクチャーからマテリアル、建築本体ではない緑化など、多岐に渡ります。中には商業的な匂いがプンプンするような、エセ環境的な観点で木を捉えているような建築も多く見受けられ、その見極めに注意を要するものも少なくありません。

 

 

もちろん全てにおいてそんなものが横行しているわけではないのですが、既存の木造を見直す考え方や、S造を木造に置換するような考え方が多く見受けられる中、坂氏にとって木はそれらとは全く異なる視点で捉えられている気がします。木という素材に注目している、というよりは、あらゆる素材についての新たな可能性を模索してる、といった方が正しいのかもしれません。その可能性を模索するベクトルの多様さに驚かされます。そのひとつが木であるというだけなのでしょう。
また、建築そのものだけではなく、建築家としての社会への姿勢などにも感銘させられることは多く、それが新たな建築をつくりだす原動力になっているのだと感じます。この自ら周囲を巻き込んで社会を突き動かしていくパワーに大きな刺激を受けるのです。

 

 

 
ところで、ギャラリー間に行く時に乃木坂駅から出ると必ず目に飛び込んでくる竹山聖氏設計のOXY乃木坂。80年代後半の発表時、同時期に大阪で建てられたD-HOTELと兄弟(姉妹?)のように語られた建築ですが、僕の好きな建築の一つです。時を経て色々と手を入れられて竣工時の禁欲的な表情とは随分と変わってしまい、RC打ち放しはすっかりくすんでしまっていますが、築後30年、寡黙に建ち続けている姿を見ていると、やはりRC造の力強さはいいなぁと思うのです。木造の新たな可能性を感じつつも、RC造には普遍的な歴史に支えられた確度がある。逆に言えば、木造は時代ごとにその扱い方は異なりますが、RC造はオーギュスト・ペレが使い始めた20世紀初頭から大きく変わってはおらず、初めから完成された工法とも言えるわけです。…と話が少し逸れてしまいました。この辺りについて話し出すと長くなりそうなのでまた今度。。

 


12

アーカイブ

>TOP