HOME > BLOG > アーカイブ > 建築行脚

BLOG 建築行脚

丸栄百貨店

少し前のことになりますが、名古屋に行く用事があり、そのついでに気になっていた建築をいくつか回ってきました。その中の幾つかを紹介しようかと。
まずは名古屋の老舗百貨店の丸栄百貨店。ここは村野藤吾設計の百貨店ですが、百貨店建築としては唯一日本建築学会賞を受賞しています。昨年秋に惜しくも閉店及び解体再開発計画が発表され、その後の建築の行方が危ぶまれているところです。気になっていたのでこの機会に見に行ってきました。


 
同じ村野藤吾によるそごう大阪は建て替えられて随分経ちますが、大阪で生まれ育った私にとってあのファサードが醸し出す街の雰囲気は幼少の頃から記憶に深く刻み込まれていたものでした。そして今回、ここを訪れて改めてその記憶が呼び起こされる思いでした。細いルーバーに挟まれた緻密な意匠、その反復によって構成されるファサード。ガラスブロックに見える意匠は近づいてよく見ると型ガラスに格子状の模様が施されている。あぁ、そういえばそごう大阪では小さなガラスブロックが嵌め込まれていたな、と比べてみたり、あっちにはなかった水平のラインがこっちでは強調されているな、とか。また西側のファサードにはタイルによる大胆な壁画もあります。




 
非常用進入口のバルコニー部分も同様の意匠パターンが施され、コンクリートとサッシュ、ガラス、やタイル、手摺など、単位面積当たりに使用される素材の多いこと。それらが繊細に納まり、煩雑さを感じさせることなく広大な面積を覆っています。


 
きっとこのファサードも多くの人々の記憶に刻まれているはずだと思うと、そごう大阪の解体を目の当たりにした私としてはやるせない思いでいっぱいです。老朽化や耐震性、商業的な面積の拡充などの理由によって解体される名建築が多すぎる気がしています。同じ百貨店でもロンドンのリバティのようにもっと古くから残されている建築もあるというのに。
地震国ゆえに海外のように保存活用が当たり前という文化が根付かないのかも知れません。しかしこれだけストック活用の重要性が問われる現代だからこそ、解体した方が経済的という考え方を見直す必要があると思うのです。

この丸栄百貨店もいよいよ今月末で閉店です。直後から解体されることはないでしょうけど、内部にも階段など所々当時の意匠が残されています。最後の機会、となっては欲しくないですが、より多くの人々にその価値を分かってもらえたらなと思うのです。
 
話が長くなりました。続きはまた今度…。

薬師寺東塔解体修理見学会

もう先月のことになりますが、薬師寺の東塔の解体修理現場の見学会に行ってきました。ちょうど1ヶ月前ですね。
約1世紀ぶりの解体修理とのことで、鉄骨造による素屋根にすっぽり囲われての大修理です。

 

 

修理の様子は写真でお見せできないのですが、三重塔の二重めの屋根くらいまで上がっている状態で、垂木と桁が求心的に集まる中央にニョキッと心柱が飛び出しているという、普段滅多にお目にかかれない姿を見ることができました。

下層部ではすでに野地板まで葺かれており、その野地板には「平成二十九年度修補」の焼印が記されていました。また垂木端部の茅負には「昭和二十六年修理補足」の焼印が。これまでの修理の歴史を感じさせてくれました。

 

 

工期は予定よりも遅れ気味とのことですが、2020年には美しい姿を拝めそうです。
1981年に西岡常一氏によって再建された西塔はその木部を朱色としていますが、今回の大修理で東塔も西塔のように着色されるのかと思いきや、修理前の古色を維持するとのこと。綺麗にしすぎない修理という方向のようで、往年の姿を見ていた者としてはホッとしたのでした。
 
ところでこの工事のための素屋根。現代建築を生業とする者にとってはこれもまたとても興味深い建築物でした。高さ34mを超える東塔を無柱空間で覆ってしまうのですからなかなかすごい建築です。

 

 

動線はスロープが設けられているのですが、このスロープが二重螺旋になっていて、見学者と工事関係者を分けるためなのか、それとも工事時の往来の一方通行化を図っているのか、いずれにせようまい効率化が図られているのでしょう。
この素屋根の建設時の様子がYoutubeでも上がっていますが、解体時に生まれ変わった東塔の姿が露わになる様子も是非実見したいものです。

ラ コリーナ近江八幡

少し前に打ち合わせついでに近くのラ コリーナ近江八幡へ行ってきました。ずっと気にはなっていたのですが、まぁようやく行く時間が取れたので。

 

 

行ってみると団体客もいたりととても賑やかな様子。さっそく建物を散策。ここは建物だけはなく、そのランドスケープも見もの。

駐車場から建物へのアプローチも良い感じです。どこに停めても同じようにまず建物全景を遠景に見てアクセスするようになっています。それゆえに停めた場所から遠いとか近いとか、そのような差がありません。機能的にもゾーニング的にも良い感じでした。

ちょうど緑化屋根の散水の時間だったのか、屋根からの水が滴り落ちてきていて、その水音が初夏に涼しさをもたらしてくれていました。藤森建築らしい素材の表情やざっくりとしたディテール、どこもかしこもついつい触りたくなる質感など、とても心地よい体験でした。

 

 

人を包む建築とはこんな感じでおおらかでありたいものです。僕は設計においてつねに細部にこだわりますが、その細部が主張するような建築はつくりたくないと思っていたりもします。細部にこだわりすぎで全体がボヤけるようなことでは本末転倒だと思うのです。藤森建築はただおおらかなだけのように見られがちですが、以外と緻密な計算によって成立しているように感じます。おおらかな全体を支えるための細部であり、細部の集積の結果のおおらかさを作り出しているような。そこが見えるから体験として心地よいのでしょう。

 

 

中央の水田はまだ植えたてでしたが、稲穂が実る頃にまた訪れてみたいと思います。それぞれの時間ごとの様々な表情を期待してしまう建築でした。

 

 


1

« ギャラリー | メインページ | アーカイブ | 雑記 »

>TOP